オンラインサービスの導入|信頼できるデータレスキューにお任せ!高確率でデータが復活する

信頼できるデータレスキューにお任せ!高確率でデータが復活する

メンズ

オンラインサービスの導入

ネット

業務に便利なストレージ

最近のオンラインストレージサービスは、個人だけでなく法人向けにも優れたサービスが登場してきました。オンラインストレージとは、ストレージ(貯蔵、保管)という通りユーザーに貸し出されるネット上のスペースにファイル保管できるサービスです。このサービスがあると、例えば予め作った資料等を入れておけば、自宅や出張先等遠く離れた場所でも、会議や商談中で席を外して取りに行きにくい時でもタブレットやスマホさえあれば自由に閲覧できます。反対に出先で撮った写真等のデータを入れれば、他のメンバーがどこにいてもすぐに見ることができます。同じくデータを送れるサービスとしてメールがありますが、メールは容量が大きなデータが送れない場合があります。また、複数人に送る場合は容量が膨れ上がりサーバの負担になります。その点、オンラインストレージサービスだと、写真や動画といった比較的容量の大きいマルチメディアファイルも保管できます。また、複数人が見る場合もファイルそのものでなくファイルを見られるリンクを送るだけなので、メールサーバの負担が減ります。

サービス導入での注意

オンラインストレージサービスは個人用も充実しているため、その便利さに気づいた人が多いのではないでしょうか。個人向けサービスでも、最近は大容量化、低価格化が進み無料でもほとんど困らないぐらいの容量になっています。しかし、企業にそのまま個人用を導入するのは不適切です。まず、個人用はあくまで個人用でセキュリティが法人向けより甘いということです。不要になったファイルが長期間放置されたままになっていて、そこから不正アクセスによる情報漏えいの危険性が増すことがあります。法人向けなら、一定期間放置されているファイルを削除できるオプションが付いているのが多く、不要になったファイルを削除することでリスクを軽減できます。また、いつでもどこでもファイルをダウンロードできるのがオンラインストレージの特徴ですが、個人用の場合共有URLが分かれば誰でもできてしまいます。法人向けなら、パスワードやダウンロード不可等管理者で設定できる機能が付いているのも多く、セキュリティ対策としても安心です。

Copyright © 2016 信頼できるデータレスキューにお任せ!高確率でデータが復活する All Rights Reserved.